省エネLED照明 イーアスつくば様

商業施設 キープコンセプトで削減率80%の省エネを実現。

暮れにたたずみ、照明の光で浮かびあがる巨大ショッピングモール。
昼間以上のにぎわいを見せ、多くの人々を飲み込んでいく。
そんな光景を見ながら、中村は考えていた。
大きな仕事を成し遂げた安堵感と次へのステップを……。

あまりに広い施設のため、
営業所員総出で現地調査。

震災後の節電対策として、照明の消費電力削減を検討されていた大和ハウス様。パナソニックさんの展示会でLEDの省エネ効果に興味を持たれたことがきっかけでした。

大型複合商業施設としては、館内の共通通路と外構、さらに駐車場の外灯まで、LED照明を全面導入するのは初めてのケースです。
企画にあたり、まずは現地調査からスタートしました。北関東最大級のショッピングセンターですから、とにかく広いんですよ。営業所員は総出、他にも応援をお願いしたくらいです。約1週間かけて、4,000を超える照明をすべてチェックしました。


照度を下げたことで、
店舗が以前より目立つように。

約1週間かけて、4,000を超える照明をすべてチェックしました。

リニューアル前と違和感のない
自然な照明環境を実現。


2階の吹き抜け部分から1階を照らすダウンライト。
十分な明るさで1階までしっかり照らすことができる。

照明設計は、パナソニックさんの提唱されている「Feu理論」に基づき進行しました。
床面への照度を下げながらも、お年寄りからお子様まで、安心して施設内を歩ける明るさを確保しつつ、省エネを図りました。さらに、リニューアル前と違和感のない配光により、自然な照明による雰囲気はそのままです。LED照明に変わったことに気づかないお店のスタッフさんやお客様も少なくないと思いますよ。

「自然との共生」というオープンからのコンセプトを損なうことなく、また電力使用量は、
従来比で約80%という大幅削減を実現することができ、素晴らしい結果を残すことができました。

ただひとつ残念なのは、3分の1を納品したところで、内臓の疾患で1ケ月間の入院を余儀なくされたこと。チームで動いていた斎藤君が、後を引き継ぎ無事に3月竣工することができました。頼れる後輩が身近にいたので助かりました。

LED照明に変わったことに気づかないお店の
スタッフさんやお客様も少なくないと思いますよ。
DATA
納入先
イーアスつくば様 http://tsukuba.iias.jp/
施 主
大和ハウス工業株式会社様
納 入
環境部照明のLED化 (2012年3月納入)
施 工
株式会社関電工様
企 画
福西電機株式会社 パナソニック株式会社
                 
・パナソニックES社納入事例でも紹介されていますのでこちらをご参照ください
・環境省主催の「省エネ・照明デザインアワード」の「商業・宿泊施設部門」において優秀事例賞を受賞されました。
 大和ハウス工業様ニュースリリースページはこちらをご参照ください

  納入事例に戻る NEXT